• ホーム
  • 低用量ピルの服用を止めるには

低用量ピルの服用を止めるには

笑っている女性

低用量ピルは、女性が主体となって妊娠と月経をコントロールすることができる方法で、正しく使用すればほぼ100パーセントの確率で避妊することができる経口避妊薬です。
低用量ピルは毎日決まった時間に一回服用することで、排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。
また子宮頚管の粘膜を変かさせて、精子が子宮へ入りにくくなるため、望まない妊娠から身を守ることができます。
低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが含まれています。
このホルモンの働きによって、脳は妊娠したと勘違いし、排卵を促す際に必須であるプロゲステロンの分泌が抑制され、卵巣は排卵せずに休眠した状態になります。
またピルと聞くと避妊薬というイメージが強いものですが、避妊効果だけでなく生理痛やPMSの軽減、子宮内膜症の治療などにも用いられている薬でもあります。
ピルを服用すると、子宮内膜が厚くなる前に生理が始まるため、症状が軽くなり、生理周期も規則正しくなるため、生理不順にも効果があります。
生理前にイライラしたり頭痛や吐き気、鬱などの症状が出るPMSも、ピルを服用することで、生理前のホルモンバランスの変化が少なくなり、症状が軽減されます。
特に近年は、ストレス社会ですから、PMSの症状で悩んでいる人も増加しています。
ただPMS改善のために低用量ピルを服用しても、効果が出ない場合もあります。
そういった場合には、違う種類のピルを試してみるなどして、自分の症状にあったピルを見つけることが大切です。
低用量ピルは、中・高用量ピルに比べると副作用が少ない薬です。
ただ吐き気や頭痛、不正出血、多汗などの副作用がでる場合もあり、特に飲み始めの1~3ヶ月頃に強く出る場合があるので、副作用を感じた場合には医師に相談するとよいでしょう。

人気記事一覧