• ホーム
  • 低用量ピルと酒と亜鉛について

低用量ピルと酒と亜鉛について

低用量ピルを服用する時に、気をつけることもあります。
女性が気にすることとして、飲酒をしても大丈夫かと負うのはあるでしょう。
現代では働く女性が大半ですので、仕事上の付き合いで、アルコールが登場することは避けられないでしょう。
基本的には、低用量ピルを飲むことで、飲酒はできないといったルールはありません。
飲みすぎてしまって、せっかく飲んだお薬を、吐き出さないようには気をつけたほうがいいでしょう。
低用量ピルというのは、ホルモン剤の医薬品ですので、なにかの医薬品との飲み合わせをするときは、少しだけ気をつけるべきでしょう。
医薬品には種類があって同時には服用が禁止されている医薬品もあるためです。
一緒に飲むことで、ピルの効果が低くなったりするとか、ホルモン剤としての作用が強くなったりと、思いがけない副作用に見舞われる可能性もあります。
健康などを目的として、亜鉛の成分を一緒に摂取するのは、一体どうなのでしょう。
亜鉛などをサプリで摂取をしたいという女性もいるでしょうが、この場合は特に問題はありません。
女性ホルモンに対して、それだけの成分で悪影響をもたらすことはないからです。
また、ピルに含まれている女性ホルモンを、一緒に飲んでいることで、吸収の阻害をするということもありません。
亜鉛を含むサプリに関しては、飲む時には注意をするほうがいいでしょう。
それはセント・ジョーンズ・ワートの植物成分です。
それ自体は疲労感の回復や、不眠の軽減などにも良い成分です。
でもセント・ジョーンズ・ワートは、ピルの体内への吸収を、阻害する可能性を持っているのです。
サプリを製造している会社でも、いろいろな成分を配合してサプリを作ります。
ですから、本当にシンプルに亜鉛だけなのか、それともほかにも成分がガン湯するタイプ化は、購入する前には確認をする必要はあります。