• ホーム
  • エストロゲン入りの低用量ピルと心房細動

エストロゲン入りの低用量ピルと心房細動

低用量ピルは避妊効果があると共に様々な効果があるので、避妊以外の目的で使用している方は多くいます。
まず、低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロン類似成分が含まれています。
これは女性が妊娠した時に分泌されるホルモンです。
そのため、低用量ピルを服用すると体内に吸収されたホルモンにより脳が妊娠中と錯覚することにより、排卵を抑制して受精を防ぐため、避妊効果があるのです。
また、このようにホルモンバランスを自身で調整することができるので、服用すると月経をコントロールできます。
そのため生理不順で悩む女性は、改善目的で服用します。
また、低用量ピルには服用することで重い生理症状や生理前のイライラ症状であるPMSを改善する効果もあります。
生理による酷い腹痛や出血は女性特有の悩みで、仕事や生活にまで支障をきたす場合もあります。
そのような症状緩和を目的として服用する方もいます。
このように低用量ピルは避妊以外にも女性特有の悩みを改善する効果もあります。
服用の仕方も1日一粒と簡単なのですが、服用の際には気をつけなくてはいけないことがあります。
また、持病によっては服用できない場合もあります。
例えば、乳がん、子宮がん、子宮頸がんなどをお持ちの方、また、その疑いのある方は服用できません。
また、心房細動を合併する心臓弁膜症の方も服用できません。
そして血栓ができやすい体質の方も服用はできません。
このように、持病によっては服用できない場合があるので、処方を希望の場合は医師に相談して下さい。
また、服用の際は一緒に飲むと効果を下げるサプリもあるので、サプリも常用している方はその旨を医師に伝えて服用の仕方を確認して下さい。

人気記事一覧