お知らせ
多様な薬

今の時代、男女の性行為によって妊娠をしないようにするためにいろいろな避妊方法が実践されています。
多くは男性がつけるコンドームが知られているのですが、最近は女性が自分で服用して避妊効果を発揮できるピルというものも徐々に浸透しつつあるのです。
ピルは欧米では一般的な避妊方法ではあるのですが、日本で知られるようになってきたのが、認可をされてからここ10年ほどになります。
産婦人科を受診することで入手できる薬ですが、毎日飲むことで高い成功率を誇る避妊薬でもあるのです。
ピルには事前に飲み続けてホルモンバランスを整える低用量ピルと事後に妊娠の可能性がある場合に服用することで妊娠を避けることができる中用量ピルがあります。
この違いはピルに含まれるホルモン剤の量になります。
トリキュラーやヤーズをはじめとした低用量ピルの配合量は少なめであり、プラノバールといった中用量ピルでは多めに配合されています。
共にちょっとした副作用があり、低用量の場合では体が妊娠をしているのかのように感じ取るので、つわりのような気持ち悪さやむくみがあらわれることもあります。
中用量のものでは、性行為をして妊娠をしてしまった可能性がある時に72時間以内に服用するもので、一時的にさらに強い副作用があらわれたりすることがあるのです。
もし副作用が気になる場合は、低用量ピルよりも更にホルモン剤の配合が少ない超低用量ピルをおすすめします。
低用量ピルとして有名なのは避妊率が非常に高いトリキュラーですが、副作用が少ない超低用量ピルとして有名なものではヤーズがあります。
これらのピルは基本的に産婦人科で処方されるものですが、最近は通販で手に入れることができます。
海外からの個人輸入であれば、法的にも認められているのです。
産婦人科で処方されるよりもヤーズを安く通販サイトで買うことができます。
中用量ピルと低用量ピルの違いをしっかりと理解して、適切な服用を心掛け、望まない妊娠をしないように気を付けましょう。

人気記事一覧